ご指名

仕事でPCのサポートをしているのですが、そういうとIT(もしくはコンピューター)リテラシーが高いんだね~と言われる事が多いのですが、それは違います。
サポートでは、スキルより何より、包容力な気がする今日この頃。


なぜ包容力かと言えば、最近、わざわざご指名をしてくれる「常連さん」がいます。
(とはいっても、指名されたって、時給が上がるわけではありません。)

この、私を指名してくる常連さん達、かなり曲者です。

権限もないのに定期的にコンテンツアドバイザが外れる
頻繁にメールの添付ファイルが開けない
エクセルファイルだけ開けない…などなど
PCの中にいたずら好きな小人がいて、働いてくれてるのではないかと思う程です(笑)

この常連さんの一人が出張することになり、Note PCをキッティングして送りました。
どんなに設定を確認していても、きっと「何か」があると思い、困ったときは社内のLANに繋げばリモートで操作できるように設定。満を持して出荷しました。

荷物が着いて、初期設定はなんとかOK。
今日が出張初日だったので
「○○さん、ちゃんとNote PC使えてますかね…」なんて話をしてたら早速電話がきました。
Note PCには指紋認証の機器をつけて送っているのですが…

常連さん: どの指で、指紋認証したか忘れちゃったよ~
私: …思い出してください(苦笑)指一本出してくださいって言われたら、どの指だしますか?
常連さん: あっ。思い出した!あれ、認証できない…
私: 認証機器の指紋置くところ磨いてください。
常連さん: それでもだめ
私: そうですか。では、手に潤いを与えてください。ハンドクリームとか、加湿器にかざすとか…
常連さん: あ、できた。何で?
私: 乾燥して、指紋がかさかさになっているのかと…
常連さん: へぇ~。Goog Job!って感じだね。またね!
私: …またお待ちしてます(汗)

この常連さんたちに、ある意味「PCの設定を狂わせる神」が憑いているのではないかと真剣に思ってしまいます。

そんな私も、上司から、聞きたくもないあてつけや愚痴を聞かされて、イライラのあまりボールペンを折ってしまったり、床においてあった物を、避けようと思って踏んでしまったり、壊したものは数知れず…よく「破壊の神様が憑いてる…」と言われます。(笑)

指名される理由は「似たもの同士」なのかもしれません
[PR]

by shimarisu_3 | 2006-02-09 16:13 | 日々のこと