しまりす様たちの微妙な関係

ここのところ(私にとっては)大きな買い物について毎晩PCの前で頭を抱えているので、たまにはシマリスさん達に遊んでもらおうと野望をもってシマリスさんのいる部屋にこもってみました。

今更ではありますが、我が家にはこんな3匹のシマリスさん達がいます。
d0026200_9562554.jpg




まず、最初にポン太をケージから出し、部屋に放してみました(もちろん戸締り&危険物確認済です)
いつもは、どすんと床に飛び降りて壁からカーテンを登るのが好きなポン太。
それを狙っていたのに、いきなり両親のケージに直行。

ちなみに、うちのシマリスさん達の普段の関係図は、こうなっています。
d0026200_10293.jpg

しかも今は発情期。この時期シマリスさんによっては、ちょっと気が立って凶悪になっている子もいます。
我が家ではゆきちゃんがこれにあたります。

無謀にも両親のケージに直行したポン太。早速、警戒鳴き(警戒していると、低くクルルルと鳴きます)の洗礼。課長もゆきちゃんも、しっぽがぴんと立って、膨らませてます。危険です。
そして、ポン太がケージに張り付くと飛び掛って、噛み付いてきます。それでもめげずに、何度もアタックするポン太。でも、2匹とも容赦なく攻撃してきます。ポン太は両親が大好きなのですが、全く報われません。なんだか、自分の昔の恋愛を見ているような切ない気分に…
じゃなかった、救い出さないと(汗)

というわけで、花より団子のポン太。
こんな風に御用となりました。
d0026200_10211877.jpg

※興奮して、ケージに戻せなかっただけで、密閉していじめているわけではありません。

ポン太、がんばれ。私みたいに諦めるんじゃないよと心で励ましつつ
ラブリーな彼らと触れ合える季節は、我が家ではまだ先の様です。
[PR]

by shimarisu_3 | 2006-03-02 10:35 | りす